仙台市内の介護施設へ

仲の良い友達がデイサービスの施設で働いていることもあり、休日にはお手伝いに行く機会があるんですね。

私人も介護施設で仕事をしていて、この仕事は好きだし抵抗がぜんぜんないんです。介護の仕事を知らない友達からは、大変そうに言われるけれど、高齢者の方といっても優しい人が多いし、自分のやったことに対してありがとう!と言われるととても嬉しい気分になる。
たぶん、介護の仕事を知らない友達でも、仕事が楽しいと思えるスイッチは持っているハズなので、けっきょくはみんな一緒だと思うんだけどね。

すっかり友達んところのデイサービスも、みんな顔なじみになったので楽しいのです。介護の仕事に縁のない人にとっては、デイサービスと言っても想像がつかないと思うのですが、お昼間だけ高齢者の方が施設に来て、夕方まで過ごして自宅へ帰るという24時間ではない施設なんです。

ですから、毎日、車での送り迎えもありますし、施設に来ている間にお風呂に入ることもあります。施設に来られる高齢者の人も1人や2人とかではなく、多い日では15人ぐらいになるので、けっこう毎日がワイワイです。

まっ、それだけの人数に職員さんもそれなりにいるので、みんなでゲームをしたり、会話を楽しんだりと・・・そうしている間にあっという間に一日が終わっていきます。
恐らく仙台の施設だけでなく、全国的にデイサービスはこんな感じだと思います。

あとは昼食の楽しみであったり、みんなでカラオケをしたり・・・こんな様子を聞くと、介護の仕事といってもイメージが変わってくるのではないでしょうか。
もちろん、車いすに乗っている方も多いので、介助など常に注意を払いながらお手伝いをしていくわけです。

高齢者の方の多くは、ほとんどいい人ばかりで、いろんな話しをしてくださったり、可愛がってもくれます。そんな一面もあれば小さな子供のように甘える時もあるので、本当にかわいいですよ。